ブログ

佐賀市の杏ちゃん1年振り 飯高山荘に里帰り!

- 2019.02.16 -

■2019/02/16 佐賀市の杏ちゃん1年振 飯高山荘に里帰!

29年10月30日生まれ佐賀市の杏ちゃんが1年ぶりに里帰りしました。天気が良くちょうど親犬10数匹日光浴をしていましたので、お母さん、チョコと杏ちゃんすぐに再会です。
親子のこと忘れているようですが警戒してもいませんでした。沢山の柴犬がいるので異変を感じてシッポを下げていたが、慣れて来たら普通に戻りました。
杏ちゃんはご家族皆様から可愛がられて大変お利口さんです。若奥様大好きで一緒に寝ているそうで、ある日、奥様が外泊の時、重ねて折りたたんである布団の上で朝方近くまで帰りを待って(中犬ハチ公)寒くなったのか?ご主人様の布団の中へ。
奥様、可愛くて仕方ないようです。

犬には興味が無い校長先生(単身赴任中)のご主人様、杏ちゃんとのふれあいで、「柴犬と暮らすことがこんなに素敵なことかと・・・」体験され、あと数年で定年退職、その後は広島の福山市で村おこしの村長さんに就任されることが決まっており、そこで柴犬を数匹飼われる夢を持っておられるとのこと、私も大変喜ばしいお話しです。
奥様、「私は一緒についていかないけど」とおっしゃっています。

おじいちゃん、おばあちゃんは、柴犬の展覧会で見事1席を取られた経験がおありで以前にブログ記事しています。柴犬のことは何もかも知り尽くされておられます。

杏ちゃんは、子供のころ痔が少し出ていて、お迎えの時兄弟の他の子に変更されてもいいですよ、と言いましたが、見学に来られたお嬢さんのお孫さんが決めたのだから「この子でいいです」病院で見てもらっても治療するまでもなく現在はきれいに普通の状態でした。

そんなこと、色々あり思いで多き飼い主様と杏ちゃん、出会いを大切にお付き合いの喜びを感じています。ありがとうございました!



 

 

Copyright © 飯高山荘 All Rights Reserved.